事例紹介・オーナーの声

テーマは「家族全員が平等にくつろぐ」間取りに余白を残し全ての部屋に日が入る設計がポイント

「竣工時に家族全員の手形を壁にはりたい」そんな仲の良いエピソードのある長野市のご家族4人が暮らす家。家族全員がくつろげる開放感のあるリビングをつくると同時に、それぞれの要望をバランスよく取り入れたのがポイントです。3LDK+フリースペースの間取り。誰もが自由に使えるよう、あえて余白として残したフリースペースは、お子様が遊びまわったり本を読んだり。ご主人様も念願の書斎を手に入れられました。そして各部屋全てに日が当たるように設計に。「レンガの家を建てられる会社を探し展示場を周りましたが、こちらの要望を丁寧に聞いてくれるウィッシュホームさんにたどり着きました」とおっしゃっていただけました。

よくある質問

レンガで地震は大丈夫ですか?

当社のレンガ積みの外壁は、通常の外壁材を使用する建物よりも外側に出したレンガ用の基礎の上にレンガを一つ一つ積み上げていきます。その際縦横さらにコーナーに独自の鉄筋を配し、構造体にも独自の金物でしっかり固定します。これにより、レンガ積みの外壁自体が構造体のような丈夫さを備え、また外壁が自立していることで構造体にも負担がかからないため、地震に強い建物となっています。実際レンガ積みの家の実物(32坪)の耐震実験を行い、阪神淡路大震災の1.5倍相当などの振動を1日に4回繰り返し行った結果、外壁・内部構造体にも大きな破損、ダメージはありませんでした。

レンガは寒さで割れたりしないのですか?

当社で使用しているレンガは1100°C以上の高温で焼き上げられセラミック化した、高硬度・高耐久の「テラコッタレンガ」と呼ばれるレンガです。寒さなどによる割れは中に入り込んだ水分が凍って体積が増えることで起こりますが、このテラコッタレンガは素焼きレンガなどと違って吸湿性が小さく水分が入り込まないので、寒冷地域でも安心してお使いいただけます。また劣化現象もほとんどないので、他の様々な外壁材のように塗り替えなどのメンテナンスが必要なく100年以上耐えられる経済的な素材です。

アフターメンテナンスはどうなっていますか?

ウィッシュホームではお引渡し後、定期点検を実施しております。また、点検時以外にも不具合が生じた場合はご連絡いただき次第、状況の確認をさせていただきご対応いたします。簡単な内容でしたらその場で補修させていただき、内容によっては後日補修させていただく場合もございます。限られたスタッフで運営しておりますのでご対応が遅れることもございましたが、これまで以上、今以上にアフターメンテナンスの強化を図ってまいります。