独自の鉄筋補強で
安心の耐震・制震性能

世界初!!「レンガ積み工法三次元耐震実験」を実施

2008年7月24日、当時の信州大学(当時、現在:京都大学)の五十田先生監修のもと、
茨城県つくば市の独立行政法人「土木研究所」にて、今までに例がない、
世界初とも言える外壁にレンガを積んだ家の実物大「レンガ積み工法三次元耐震実験を行いました。

実験

今回の実験で下記4回の加震を1日でレンガ積みの家に与えました。

  • 【1回目】阪神淡路大震災の100%の加震
  • 【2回目】阪神淡路大震災の150%の加震
  • 【3回目】新潟県中越沖震災の120%の加震
  • 【4回目】新潟県中越沖震災の70%の加震

検証

各加震後、細かくチェック。レンガの外壁・構造体を調べます。

各加震後、レンガの外壁にひび割れや破損等が無いか、細かくチェックします。

専門のスタッフが外壁の隅々まで検証します。

家の内部、構造部分へのダメージも厳しくチェックします。

結果

タテ・ヨコに独自の鉄筋補強したレンガ積みの家は、
1日に4回もの大地震の振動にもびくともしませんでした。

1日に4回もの大地震以上の加震を加えても、レンガの外壁、内部構造体にも大きな破損、ダメージはありませんでした。

タテ・ヨコ、更にコーナーに独自の鉄筋補強したレンガの外壁構造。

タテ・ヨコに独自の鉄筋補強したレンガは、地震にも圧倒的に強いことが改めて証明されました。

制震ダンパーMIRAIE(ミライエ) ※オプション

弊社がMIRAIEを採用する理由

「地震が多い日本で安心して暮らすには、どうしたらいいか?」

弊社では、これまでもこの答えを常に考え、外壁にレンガを使用することで耐震性能を高め地震時に壊れないお家作りを行ってきました。
ところが近年みなさんが感じられているように大きな地震が増えています。
そのような日本において安心して住めるお家作りをより確かなものにするため、
地震の揺れを吸収する制震システム「MIRAIE(ミライエ)」を導入しました。
耐震性能が高いレンガと制震システムMIRAIEによる最強の組み合わせによるお家作りを実現させていただきます。

MIRAIEとは?

橋梁・ビルで採用されている技術を用いて開発された住友ゴムの制振システムです。
特殊なゴムが度重なる強力な揺れを吸収し、地震からお家を守ります。

MIRAIEの主な特徴

揺れを最大70%吸収

優れたエネルギー吸収性能を持つ高減衰ゴムは、
高層ビルや斜張橋などの制震装置にも採用され、安全を支えています。
※実大振動台実験による。

繰り返す地震に効果を発揮

本震だけでなく、何度も発生する余震から住まいを守りつづけます。
地震によるダメージを軽減するので、補修を最小限にとどめます。

高い制震性能が長期間つづく

MIRAIEの「高減衰ゴム」は、90年※経過しても性能がほとんど変わらないことが実験で確認されています。
メンテナンスの必要もありません。
※促進劣化試験の結果による。

MIRAIE実証実験

阪神・淡路大震災レベルの揺れに、MIRAIEはどのくらい耐えられるのか?

結果1

震度6強の揺れ幅を最大70%も低減

建物の上層と下層の揺れ幅(層間変位)を測定した結果、
MIRAIE装着の場合は33.8mm、MIRAIE非装着では125.6mm以上(変位計が振り切れたため数値以上の測定不能)という結果が得られました。
これによりMIRAIEが最大70%の揺れを低減することが実証されました。

結果2

MIRAIEは5回もの巨大地震波に耐える

地震の揺れを連続して与える実験では、MIRAIE非装着は1回で大破したのに対し、
MIRAIE装着の場合、地震の揺れを連続して5回与えても安全限界変位の範囲内でした。
しかもMIRAIEそのものには損傷がなく、繰り返して発生する余震にも効果を発揮することを確認できました。

MIRAIEは2x4工法にも対応!

制震システムについて詳しくはMIRAIE公式ページも御覧ください。

建てた後もご安心ください

ウィッシュホームのアフターメンテナンス

暮らし始めたその日からお家は経年劣化を始めていきます。
ウィッシュホームは末永く住まい手の暮らしと健康を見守るための
アフターメンテナンスにも力を入れています。

詳しく見る